• 社名:コワーキング合同会社
  • 本社所在地:東京都江東区青海2-5-10テレコムセンタービル東14階
  • 代表社員:西田 貴弘・西田 玲子
  • 事業内容:ネコ関連商材の企画・製造・販売。就職マイノリティの支援。個人事業主の営業支援。
  • 主要取引先:インテリアデザインRoom375、ネコの診療室モモ、ネコの館ME、Cat's Inn Tokyo
  • お問い合わせ先:〒135-0064 東京都江東区青海二丁目5番10号 テレコムセンタービル東棟14階 03-6822-4125
  • お問い合わせメールアドレス:お問い合わせ

西田玲子

  • 代表:西田玲子
  • 所属:弊社代表、東京大学 先端科学技術研究センター 人間支援工学分野 特任研究員
  • 代表経歴:博士(法学)(筑波大学)、修士(法学)(筑波大学)、学士(京都大学)
  • 所属学会:日本労働法学会 、日本障害法学会 、日米法学会
  • 研究キーワード:アファーマティブ・アクション、ダイバーシティ、労働法、差別禁止 、合理的配慮
  • 研究分野:障害者差別解消法、アメリカ法、障害法、労働法
  • 書籍等出版物: 企業法研究の序曲 ーー企業法学論集第 1 号 筑波大学大学院ビジネス科学研究科企業法専攻編(担当:分担執筆, 範囲:西田 玲子「障害者権利条約に基づく労働政策設計」) 同友館 2013年4月
  • 主要論文:日本の障害者雇用政策における統合雇用モデル推進に関する一考察ーーアメリカの連邦政府機関におけるアファーマティブ・アクションを参考にーー 西田 玲子 日本労働法学会誌 (133) 290 - 302 2020年5月
    旅行業における「同伴者の同行」という条件付与の不当性 ― 障害者差別解消法の課題 西田 玲子, 星加 良司, 飯野 由里子 障害法研究 (3) 97 - 117 2019年11月
    障害者雇用における合理的配慮の理念と構造--障害を持つアメリカ人法(ADA)から合理的配慮と平等概念を分析する 西田 玲子 筑波大学(博士論文) 2018年9月
    合理的配慮に「配転」は含まれるのか? 西田 玲子 障害法研究 (1) 143 - 161 2017年11月
  • 内容:労働法を専攻し、日米の障害者雇用政策について研究してきました。なぜ、障害者に対して非障害者とは異なる取扱いを必要とするのか、その背景にある一般労働市場の構造上の問題に着目しています。  障害者雇用促進法に差別禁止や合理的配慮が明文化され、2016年から改正法が施行されています。しかし、障害者と非障害者の職場分離が進んでいる状況があるため、この問題に取り組むべく、新たな視点でアファーマティブ・アクションの研究(科研費研究)も進めています。  また、2021年2月からは「障害者のための意義のある雇用創出:日米パートナーシッププロジェクト」(アメリカのミネソタ大学とウィスコンシン大学との共同研究)のメンバーとして、日米の障害者雇用の比較をしています。  その他、隣国の台湾では、国内だけでなく欧米の大学での博士号取得者が多く、大学や公的機関を含め、各業界で活躍しています。日本も、もっと次世代育成を重視していく必要があり、障害の有無にかかわりなく、就職を考えて大学や大学院進学を躊躇する学生を減らし、日本の低学歴化に歯止めをかけられるよう、就職、採用に関する問題意識を持ち始めたところです。

西田貴弘

  • 代表:西田貴弘
  • 所属:弊社代表
  • 代表経歴:修士(工学)(横浜国立大学)、学士(横浜国立大学)
  • 関連知財: 特許「愛玩動物用組み立て式遊戯具」特開2016-202003 商標「にゃんこカプセル」商願2020-137783 商標「にゃんこタワー」第5717325号
  • 書籍等出版物: やる気の整理術~モチベーションプランニング~、二鷹出版
  • 内容:住設機器メーカー・オフィス家具メーカー・金融機関での勤務を経験した後、 2016年より「シルバーバインにゃんこ王国」というブランドを立ち上げ、キャットタワー「にゃんこタワー」の製造、販売を始めました。根っからのモノづくり好きと理系気質を生かして、機能的でおしゃれな猫との暮らしを実現するために、日々奮闘中です。